ウェディングドレスはレンタルと購入どちらが良い?

ウェディングドレスはレンタルと購入どちらが良い?

結婚式に必要なものは色々とありますが、花嫁にとって最も重要なのはウェディングドレスですよね。こどもの頃から「こんなウェディングドレスが着たい」と思い描いてきた方も多いでしょう。
ウェディングドレスは、レンタルする方が非常に多く、購入する方は少数派です。しかし、レンタルにも購入にもメリット・デメリットがあります。ウェディングドレスはレンタルと購入ではどちらが良いのでしょうか。考えてみたいと思います。

 

 

ウェディングドレスのレンタルと購入の金額の違いは?

ウェディングドレスのレンタルと購入の金額の違いは?

約8割以上の方がウェディングドレスをレンタルしています。その理由の多くは「購入すると値段が高いから」です。ウェディングドレス買うなんて贅沢と思われているのです。
しかし、ウェディングドレスをレンタルした金額、ウェディングドレスを購入した金額を比較してみると、どちらも25万円前後が多いのです。レンタル=安い、購入=高いと思われがちですが、実はそれほど金額の違いはないのです。

 

 

ウェディングドレスのレンタルと購入のメリット、デメリットは?

ウェディングドレスのレンタルと購入のメリット、デメリット

ウェディングドレスのレンタルと購入にはそれほど金額の違いはありません。
それでは金額以外にはどのような違いがあるのでしょうか。
メリット、デメリットを検証していきましょう。

 

 

ウェディングドレスレンタルのメリット・デメリットは?

ウェディングドレスレンタルのメリット・デメリットは?

ウェディングドレスはレンタルするのが当たり前と思っている方は多いと思います。確かにレンタルにはメリットが多いです。でも同時にデメリットもあることを覚えておきたいですね。

 

メリット

まずは、レンタルする魅力から見ていきましょう。

 

高いドレスを安く借りることができる

同じドレスであれば、購入金額よりもレンタル料金のほうが基本的に安いです。だから、高いドレスを安く借りることができるのです。
手が届かないような高級ドレスでも、レンタルなら格安で手に入るとことが大きなメリットです。

 

セットプランになっていることが多い

ホテルや結婚式場では、レンタルドレス代もセットプランになっていることが多いです。セット料金内に含むことができるドレスが決まっていて、その中から探すことになります。
このようなお得なセット料金が設定されている場合は、レンタルした方がお得です。
また、セット料金内のドレスに満足できるものがなかった場合には、追加料金を払ってワンレベル上のドレスにするか選ぶことができるようになっています。

 

結婚式が終わってから楽

レンタルするものなので、特に前後のメンテナンスは必要ありません。着終わったら、すぐに脱いで返却することができます。
これはレンタルならではの便利さです。

 

 

デメリット

やはり多くの方が選んでいるレンタルにはメリットが多いですね。でも、意外なデメリットもありました。

 

汚すとクリーニング代がかかる

レンタルドレスの難点は「汚すと困ること」ですよね。特にウェディングドレスは真っ白なのでとても気を遣います。汚してしまうと高額なクリーニング代がかかってしまいますよね。最近はホテルは式場の披露宴会場だけでなく、ガーデンウエディングや海辺のウェディングなど屋外での結婚式が増えています。
また、ペットと一緒のウェディングも人気を集めています。
今まで以上にウェディングドレスが汚れやすい環境になってきているのです。
汚れてもOKの購入品の方が安心して着ることができます。

 

人気ドレスはレンタルできないこともある

すごく気に入ったドレスに出会っても、自分たちの結婚式当日は他の花嫁が着ることになっているからレンタルできないこともあります。
人気ドレスになればなるほど競争率が高いので、なかなか希望のドレスを借りれないことも多いのです。

 

 

ウェディングドレス購入のメリット・デメリットは?

ウェディングドレス購入のメリット・デメリットは

次に購入するウェディングドレスのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

 

メリット

ウェディングドレスを購入するなんて贅沢すぎると思われがちですが、実はレンタル代とあまり変わりません。金額だけでなく、様々なメリットがあります。

 

何度も着ることができる

当たり前のことですが、一度自分で購入したドレスは何度でも着ることができます。
「海外挙式の後に国内で披露宴をする」「お互いの地元でウェディングパーティーをする」などの事情がある方は、何度もドレスをレンタルするよりも購入してしまった方が安いです。

 

レンタルよりも安いこともある

同じドレスを比べたら、絶対にレンタルした方が安いです。しかし購入品の中にはなんと5万円前後で購入できる格安ウェディングドレスもあるんです!購入した方が、ウェディングドレス費用をぐっと抑えることもできるのです。

 

新品を着ることができる

ウェディングドレスのレンタル品は非常にきれいに管理されているので、汚れていることはまずありません。しかし自分だけのドレスではないですよね。
購入すれば自分だけの新品ドレスを着ることができます。この気分の違いはとても大きいでしょう。

 

汚れてもOK

自由でオリジナルな結婚式として人気なのが、屋外ウェディングです。でも、ドレスが汚れてしまうという理由から諦める方も多いのです。
購入したドレスなら汚れる心配をせずに、のびのびと結婚式を楽しむことができます。おとなしく座ったままではなく自由に動き回ることができます。
最近は新婦みずから料理をふるまったり、ペットと触れ合ったり、ドレスが汚れやすい自由なウェディングが増えています。そんな自由な結婚式をしたい方は自分だけのドレスで思い切り楽しみたいですね。

 

 

デメリット

購入ウェディングドレスには意外にメリットが多いです。デメリットも見てみましょう。

 

管理が大変

ウェディングドレスは管理が非常に大変です。まず結婚式が終わったら自分でクリーニングに出さなくてはいけません。手間もお金もかかります。
またとても大きなものなので、クローゼットを大幅に占領してしまうでしょう。湿気などにも十分に注意して保管しなければなりません。真っ白なドレスなのでシミなどもすぐに目立ってしまいます。

 

持込用がかかることがある

ドレスショップで購入したウェディングドレスを持ち込む場合には、別途持込量がかかるケースが多いです。格安ドレスを購入できたと思っても、持込料を取られてしまうと割高になってしまうこともあります。

 

結婚式以降使うことがない

自分のウェディングドレスをいつか娘に着せたいという理由で、ウェディングドレスを購入する方もいるでしょう。とても素敵な考えですよね。
しかしウェディングドレスのデザインには流行りがあるので、娘が着ることには時代遅れになっている可能性が高いのです。体型がすっかり同じとも限らないです。
いつか使うかもしれないと思っていても活用する機会がなく、結局リメイクするなどして作り変える方がほとんどです。

 

 

結論!運命の1着であればレンタルでも購入でも良い!

結論!運命の1着であればレンタルでも購入でも良い!

ウェディングドレスのレンタル、購入のそれぞれのメリット・デメリットを見てきました。
「ウェディングドレスを数回きる機会がある」「海辺などでウェディングドレスが汚れる可能性がある」場合は購入がおすすめです。
しかし、そのような事情がない場合は、レンタルでも購入でも良いと思います。
レンタルにも購入にも悪い面がありますが、ちゃんと良い面もあるので、どちらを選んでも後悔はないでしょう。
それよりも優先したいのは「運命の1着であること」です。
誰にでも運命のウェディングドレスがあります。もしその1着を見つかって、それがレンタルドレスであればレンタルすれば良いでしょう。購入品であり、レンタルをしていない場合には購入を選びたいです。

 

今回は花嫁にとっても重要なウェディングドレスについて考えてきました。レンタル派、購入派の方がいると思いますが、どちらが良いと結論付けることは難しいです。それよりも、自分の運命の1着に決めることが大切だと思います。ウェディングドレスは一生思い出に残る大切なものです。ぜひ後悔のないウェディングドレス選びをしてください。

 

【人気コンテンツ一覧】


ウェディングドレスはレンタルと購入どちらが良い?ウェディングドレスはレンタルと購入どちらが良い?

ウェディングドレスはレンタルと購入どちらが良い?ウェディングドレスはレンタルと購入どちらが良い?