ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターは何をしてくれる?

 ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターは何をしてくれる?

新郎新婦をサポートしながら、結婚式場全体に気を配り結婚式を成功に導いてくれるウェディングプランナー。カップルにとって非常に心強い存在ですよね。そしていつもテキパキ、キラキラしていて素敵です。
結婚式全体をコントロールしてくれるウェディングプランナーは結婚式の成功のカギを握ると言っても過言ではありません。
今回は、ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターがしてくれることをご説明していきたいと思います。

 

 

ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターってどんな人?

ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターってどんな人

ウェディングプランナーとは、結婚式の計画、準備、本番までウェディングのトータルサポートをしてくれる人のことです。
ホテル、結婚式場、レストランなどの会場にいるウェディングプランナーと、フリーランスで活動しているフリープランナーがいます。
ブライダルコーディネーターもいますが、これはウェディングプランナーと呼び方が違うだけです。
ウェディングプロデューサー、ウェディングコンシェルジュなどと呼ばれることもあります。そのホテルや結婚式場によって呼び方が違うだけなのです。

 

 

ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターってどんなことをしてくれるの?

ウェディングプランナーについてよく知るために、実際にどのようなことをしてくれるのかご紹介したいと思います。

 

 

プランニング

プランニング

ウェディングプランナーの最初の仕事はプランニングです。つまり結婚式の計画を立てることです。
どんな会場にするか、どんなドレスにするか、どんな演出にするか等、はじめから具体的に決まっているカップルはほとんどいません。
なんとなくこんな結婚式にしたいというイメージだけだと思います。
ウェディングプランナーは、まずカップルからより多くの情報を聞き出し、二人のイメージを具体的なものにしてくれるのです。
豊富な経験を活かして様々な提案をするのもウェディングプランナーの役割です。さらに具体的にどれくらいの費用がかかるのか見積りを出してくれます。

 

準備

準備

ウェディングプランナーが出した提案に対してカップルがゴーサインを出すと、いよいよ準備に取り掛かります。
ウェディングプランナーは基本的に結婚式に関わる全てのものを手配してくれます。
全ての業務を自分でこなすのではなく、それぞれの専門スタッフに依頼するのです。カップルとそれぞれの専門スタッフとの打ち合わせのセッティングもしてくれます。
結婚式を行うためには、料理、ドレス、お花、メイク、引き出物、写真など、実に多くのことを手配しなければいけません。これを新郎新婦が個別にするとなると、とても大変ですよね。
ウェディングプランナーは全てのスタッフと連携をとってくれるので、新郎新婦の窓口はウェディングプランナー1本にすることができます。とても便利です。
準備期間は数カ月〜1年と長期にわたります。毎月数回、ウェディングプランナーと打ち合わせをすることになります。

 

 

相談

相談

準備と平行してウェディングプランナーがしてくれることは、カップルの「相談に乗ってくれる」ことです。
結婚式の準備は、進めば進むほど色々な疑問が生まれます。そんな疑問や不安が生まれた時にはすぐにウェディングプランナーに相談しましょう、豊富な経験を活かして的確なアドバイスをくれるでしょう。
「具体的にどうすれば良いのかアイディアが湧かない」「どうすれば自分達らしい式にできるか?」などの相談に対しても、的確なアイディアを考えてくれます。
不慣れな結婚式準備をするにあたり、いつでもどんな質問できる存在がいることはとても心強いです。
打ち合わせのたびに相談することもできますが、メールや電話などでも相談にのってもらえます。

 

 

本番立ち合い

本番立ち合い

結婚式当日は、もちろんウェディングプランナーがそばについていてくれます。ドレスやメイクなど新郎新婦の最終確認から、会場全体の最終確認をするのもウェディングプランナーの役割です。
挙式や披露宴の最中も、部屋の片隅にいて全てを見ています。何かトラブルが起きた時や、トラブルが起きそうな時にはサッとかけつけて解決します。新郎新婦に変わって、ゲストのおもてなしもしてくれます。
本番で花嫁姿の新婦を見ると、感動して涙するウェディングプランナーも少なくありません。

 

このように、ウェディングプランナーは結婚式の準備から本番まで全てのことに関わっているのですね。新郎新婦に寄り添ってずっとサポートしてくれるのです。ウェディングプランナーによって結婚式の良し悪しが決まるのも納得です。

 

 

ウェディングプランナーの選び方について

基本的に、1組のカップルに1人のウェディングプランナーがつきます。その結婚式場の専属のウェディングプランナーが担当してくれるのですが、個人的にフリーランスのウェディングプランナーにお願いすることもできます。また、希望があればウェディングプランナーを変えてもらうこともできます。
自分に合ったウェディングプランナーに出会えると、そこからの結婚式準備がとてもスムーズで楽しいものになります。ウェディングプランナーを選ぶ時には、4つのポイントをおさえておくと良いでしょう。

 

 

経験豊富な人

経験豊富な人

全てのウェディングプランナーがベテランなわけではありません。もちろん結婚式初めての新人さんもいます。
新人の方が悪いわけではありませんが、やはり経験豊富なウェディングプランナーはとても頼りになります。
豊富な経験をもとに、多くの提案をしてくれたり、おもしろいアイディアもくれます。あらゆるトラブルを経験しているのでトラブル対処も素晴らしいです。
今まで担当した結婚式の話を質問して、どれくらい経験がある方なのか判断しましょう。

 

 

どんな要望も聞いてくれる人

どんな要望も聞いてくれる人

無理な要望を言うと「それは無理です」とハッキリ答えるウェディングプランナーもいれば、「〇〇〇のようなやり方なら可能です」と答える方もいます。選ぶなら後者のウェディングプランナーですよね。
「カップルの要望をいかに取り入れるか」はウェディングプランナーの腕の見せどころです。豊富な経験、人脈、企画力、そしてやる気のあるウェディングプランナーであれば、無理な要望も可能にしてくれるのです。
初対面の時にちょっと無理な要望をぶつけてみて、どんな回答がかえってくるか試してみると良いでしょう。

 

 

自分と価値観が似ている人

自分と価値観が似ている人

ウェディングプランナーはカップルの好みに合わせるのが仕事ですが、どんなにプロ意識のある方でも、やはり自分の好みが出てしまうものです。
自分と価値観が似ているウェディングプランナーの方が、自分たちの理想の結婚式により近づけてくれるでしょう。計画もスムーズに進みます。
見た目も重要です。メイク、髪型、服装などを見て、自分に合っているかどうか判断してみましょう。自分好みのファッションの方だと、ドレスやメイクの希望も伝わりやすいです。

 

 

聞きやすい人

聞きやすい人

最後のポイントが「聞きやすいかどうか」です。これは意外と重要です。
結婚式の準備を進めるにあたり、ウェディングプランナーに質問することはとても多いです。お願いすることもたくさんあります。聞きやすいウェディングプランナーだとすごく楽です。
逆にちょっと気を遣ってしまうようなウェディングプランナーだと「こんな些細なことを質問しないほうがいいかな…」「こんな無理なお願いはダメかな…」と気にしてしまい、自分たちの希望を100%伝えられないかもしれません。
とにかく遠慮をせずにどんなことでも質問できるウェディングプランナーが良いです。

 

 

今回は、ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターについてご紹介してきました。結婚式を全面サポートしてくれる重要人物です。ウェディングプランナーの仕事内容は多岐に渡ります。つまりどんなことでもお願いしてOKなのです!たくさんコミュニケーションをとって、素敵な結婚式を叶えてもらいましょう。

 

【人気コンテンツ一覧】


ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターは何をしてくれる?ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターは何をしてくれる?

ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターは何をしてくれる?ウェディングプランナー・ブライダルコーディネーターは何をしてくれる?