ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディング・トキハナ大手4社を徹底比較!

ゼクシィ・マイナビウエディング・ハナユメ大手3社を徹底比較

 

膨大な数の結婚式場の中から理想の結婚式場を選ぶためには、情報収取が重要になります。

 

ブライダル雑誌や、それぞれの結婚式場のホームページから情報を集めることもできますが、効率良く情報収集したいなら、結婚式場紹介サイトが便利です。

 

大量の結婚式場の情報が掲載されているのですが、あなたの希望するエリアや特徴で検索することができるので、すぐに理想に近い式場に絞ることができます。

 

しかし、この結婚式場紹介サイトも数が多いため、どこを利用すべきか迷ってしまいますよね。

 

どのサービスも同じように見えてしまい「結局どこを利用すれば理想の式場が見つかるの?」と思うでしょう。

 

そこで今回は、当サイトがおすすめする、結婚式場紹介サイト4社をご紹介したいと思います。

 

ウェディング情報サイト老舗のゼクシィをはじめ、ハナユメ、マイナビウェディング、さらに2020年5月にスタートしたトキハナの4社を徹底比較していきます。

 

どの結婚式場紹介サイトが決まれば、式場探しが一気にスムーズになるでしょう。

 

結婚式場紹介サイトはすごく便利!でもどれを利用したら良いかわからない

結婚式場紹介サイトはすごく便利!でもどれを利用したら良いかわからない

 

結婚式場紹介サイトとは、結婚式場の情報や、結婚式準備ガイドなど、様々な情報を集めてサイトのこと。

 

それぞれの結婚式場の情報を比較しながら見ることができるの、効率よく式場選びができるところがメリットです。

 

ブライダルフェアや見学会の情報も掲載されていて、そのまま予約できるシステムになっているので、複数の式場の予約が一気にできる便利さもあります。

 

また、対面、オンライン、電話、LINEで相談できるサービスを行っているサイトも多く、中立な意見を聞きながら相談できるところも魅力です。

 

結婚式場紹介サイトは全て無料で利用できるので、使って損はありません。

 

ただし、効率よく結婚式場探しができるサイトなのですが、そのサイト自体を選ぶのが難しいという問題があります。

 

どのサイトも同じようにたくさんの結婚式場を掲載していて、写真もキレイ。利用特典や無料相談OKなど、だいたい内容が決まっているので、どれに絞ったら良いか迷ってしまいますよね。

 

複数の結婚式場情報サイトを利用してみても良いのですが、それでは時間がかかってしまい、効率よく式場探しができないでしょう。

 

結婚式場紹介サイトの違いをチェック!比較する6つのポイント

結婚式場紹介サイトの違いをチェック!比較する6つのポイント

 

結婚式場紹介サイトはどれも似たような内容に見えてしまい、どれを選ぶべきか迷ってしまいます。

 

そんなサイトの中から、あなたにピッタリのサイトを選ぶためには、以下6つのポイントを比較してみるとわかりやすいでしょう。

 

結婚式場掲載件数

 

情報サイトを利用する目的は、より多くの結婚式場の中から、あなたに合った結婚式場を見つけることですよね。

 

式場の数が多ければ多いほど選択肢が増えるので、できるだけ多く掲載しているサイトを選ぶことが大切です。

 

また量だけなく質にこだわることも大事。厳選された式場だけを集めているサイトだと、効率よく式場探しができるのでおすすめです。

 

結婚式場情報ページの使いやすさ

 

それぞれの結婚式場のホームページを見ても十分な情報を得ることはできますが、それぞれのホームページは作りが違うので、比較するのが面倒ですよね。

 

情報サイトの良さは、それぞれの結婚式場の情報を同じ条件で比較できることです。

 

だから、結婚式場の情報ページが見やすく、比較しやすいことがポイント。

 

文字や写真の量、口コミ情報の有無、お得情報など、あなたが使いやすい情報サイトを選びましょう。

 

無料相談方法

 

結婚式場紹介サイトの特徴は、無料で相談できるところです。

 

ただ気になる式場を見つけるだけでなく、式場探しをサポートしてもらうことができるのです。

 

中立な立場で、それぞれの式場を紹介してくれるので、偏りなく式場探しができるでしょう。

 

対面、オンライン、電話、LINEなどで相談できるようになっています。

 

ただし、この無料相談サービスは、全ての情報サイトが行っているわけではありませんので、サービス内容を比較しておくことが大事です。

 

お得な特典

 

結婚式場紹介サイトを利用するメリットは、情報を得られることだけではありません。

 

そのサイトを通して結婚式場を利用することで、様々な特典を得られる場合があるのです。

 

ブライダルフェアを利用するだけで得られる特典もありますので、ぜひチェックしておきましょう。

 

結婚式をするためにはお金がかかりますので、割引になるものは何でも利用したいですね。

 

ウェディングフェア特典

 

ウェディングフェアは、参加するだけで、ギフト券やコース料理の無料試食など、様々な特典がもらえるのですが、結婚式場紹介サイト経由でフェアに予約すると、さらにお得な特典がもらえるシステムになっています。

 

ウェディングフェア特典は、情報サイトを利用する大きなメリットの一つです。

 

同じ式場のウェディングフェアに参加していても、A社の情報サイト経由で予約してるカップルや特典なしい、B社経由で予約したカップルは3万円分のギフト券をがもらえる。という違いが出る場合があるので、ウェディングフェアに参加予定のある方は、ぜひチェックしておきましょう。

 

利用するメリット、デメリット

 

各サービス利用することで、具体的にどんな特別なメリットがあるのか確認しておきましょう。

 

そのメリットがあなたの希望と一致するなら利用する価値がありますが、あなたの希望とズレているなら、利用する価値はないですよね。

 

よりあなたがメリットを得られる情報サイトを探しましょう。

 

さらに、メリットだけでなくデメリットも確認しておくと安心ですね。

 

 

このように、ただ適当に情報サイトを選ぶのではなく、5つのポイントに絞って比較した上で、あなたに合ったサイトを選ぶことが大切です。

 

そうすれば、楽にお得に理想の結婚式場探しができるでしょう。

 

当サイトおすすめ!結婚式場紹介サイト4選

当サイトおすすめ!結婚式場紹介サイト4選

 

数ある結婚式場紹介サイトの中から当サイトが厳選するのは、ゼクシィ、ハナユメ、マイナビウェディング、トキハナの4社です。

 

ゼクシィ、マイナビウェディングの大手に加えて、おしゃれなビジュアルで人気急情報中のハナユメ、さらに2020年5月にスタートしたばかりの期待のサイト、トキハナ。

 

この4社を「結婚式場掲載件数」「結婚式場情報ページの使いやすさ」「無料相談方法」「お得な特典」「ウェディングフェア特典」「利用するメリット」を中心に比較していきたいと思います。

 

ゼクシィ

ゼクシィ
(画像出典:ゼクシィ)

 

>>>ゼクシィはこちら

 

株式会社リクルートホールディングスが運営するゼクシィ。

 

ウェディング情報雑誌と言えば、ゼクシィが一番に思い浮かぶ方は多いでしょう。

 

日本最大級の人気と情報量を誇るゼクシィのウェディング情報サイトです。

 

結婚式場掲載件数

 

ゼクシィの掲載件数は約2,500件。全国47都道府県の式場を網羅しています。

 

件数はどこよりも多く、網羅性もずば抜けていますね。

 

関東、関西中心で、東北や九州は厳選されてた数件だけという情報サイトが多いのですが、ゼクシィは、北海道から沖縄まで幅広い地域の式場を掲載しています。
もちろん首都圏の式場も網羅していて、表参道エリアの式場情報も充実しているので安心ですね。

 

結婚式場情報ページの使いやすさ

 

ゼクシィの結婚式場情報ページは、とにかく情報がぎっしり詰まっています。

 

コンテンツも文字の量も写真の量も多いので、見ごたえがあります。

 

ゼクシィは情報サイトだけでなく、雑誌も人気ですよね。

 

雑誌で大まかな情報をチェックして、気になる式場は情報サイトで詳しく調べるという使い方ができるのはゼクシィならではの使いやすさと言えます。

 

さらに口コミ情報が豊富にあり、体験者レポートもあるので、よりリアルな情報を得ることができるでしょう。

 

挙式や披露宴の写真と一緒にコメントが載っているので、イメージが湧きやすくて便利です。

 

無料相談方法

 

ゼクシィは、対面、オンライン、LINEで無料相談を行っています。

 

ゼクシィの強みはウェディング相談カウンターの数が非常に多いことです。

 

全国に62店舗あり、関東圏だけでなく北海道から沖縄まで店舗を構えているんです。

 

さすが大手ゼクシィという感じがしますね。

 

ハナユメは12店舗、マイナビウエディング22店舗、トキハナは1店舗なので、ずば抜けて店舗数が多いことがわかります。

 

お得な特典

 

ゼクシィが実施しているお得な特典は、2つ。

 

1つ目は、ゼクシィ経由で、対象エリアの会場見学、フェア、オンライン相談会に参加すると、商品券などがもらえる特典です。

 

参加するだけで特典がつくのはお得感がありますね。
(一例として、最大37,000円分の商品券がプレゼントされていました)

 

2つ目は、ゼクシィ経由で、実際に挙式、披露宴を挙げた後に、口コミと写真投稿をするとAmazonギフト券がもらえる特典です。
(一例として、最大11,000円の分のAmazonギフト券がプレゼントされていました)

 

他の情報サイトに比べると、やや劣る感じもしますが、とりあえず特典はあるので損はないでしょう。

 

ウェディングフェア特典

 

ゼクシィ経由で、対象エリアの会場見学やウェディングフェアに参加すると、商品券などがもらえるキャンペーンが随時実施されています。

 

金額は流動的なので目安にはなってしまいますが、過去の例をご紹介しましょう。

 

対象エリアの会場見学・ウェディングフェアに参加すると、1会場で5,000円、2会場で15,000円、3会場で20,000円分の商品券などがプレゼントされていました。

 

たくさんのウェディングフェアに参加する予定の方がとてもお得に利用できますね。

 

利用するメリット、デメリット

 

ゼクシィの一番のメリットと言えるのが、網羅性の高さです。掲載件数、相談カウンターの多さはどこにも負けない数です。

 

表参道エリアだけでなく、全国様々な地域の式場を比較したい方は、ゼクシィが便利ですね。

 

もう一つのメリットは、雑誌とネットを一緒に利用できる便利さです。

 

ネットもいいけど、雑誌を眺めるのが好きという方は、のんびり雑誌を眺めて、詳細はネットで調べることができます。

 

ゼクシィのメリットはとにかく情報量が多いことです。

 

しかし、逆に情報量が多すぎて迷ってしまうというデメリットがあります。

 

さらに、式場掲載件数が多いということは、それだけ色々な式場の情報もあるということです。

 

人気の式場だけに厳選されているわけではなく、あまり人気のない式場も掲載されているという難点もありますね。

 

また、割引特典は、他の情報サイトに比べるとやや劣る感じがしますね。

 

ゼクシィがおすすめな人

 

このようなゼクシィの情報を踏まえて、ゼクシィウェディングがおすすめな人は以下になります。

  • 全国の式場を利用したい人
  • たくさんの式場を比較したい人
  • できるだけ多くの情報を得たい人
  • 雑誌を眺めながらじっくり式場探しをしたい人

このような方はゼクシィを利用するメリットがあります。

 

逆に、あまり情報量が多すぎると面倒…という方は、疲れてしまうかもしれません。

 

ハナユメ

ハナユメ
(画像出典:ハナユメ)

 

>>>ハナユメはこちら

 

ハナユメは株式会社エイチームブライズが運営するウエディング情報サイトです。

 

半年以内の結婚式場探しをコンセプトとした「すぐ婚navi」が2016年にリニューアルし、「ハナユメ」となりました。

 

結婚式場掲載件数

 

式場掲載数は約500件。ゼクシィウェディングの2,500件、マイナビウェディングの1,450件に比べると少ないですね。

 

式場のエリアは関東、東海、関西、九州。東京や表参道の式場情報は充実していますが、東北、北海道、中国地方の結婚式場は掲載されていません。

 

結婚式場情報ページの使いやすさ

 

ハナユメは掲載式場数は少ないのですが、1件ずつの情報ページが充実しているという魅力があります。

 

とにかく写真がキレイで数が多いんです。

 

大きく、おしゃれな写真がいくつも掲載されているので、イメージを広げやすく、式場探しが楽しくなります。

 

文章は少なめでスッキリしたレイアウトが特徴。

 

文字ばかりだと見にくくて抵抗がある方でも使いやすいページになっています。

 

さらに、ハナユメは口コミ件数がとても多いところが魅力です。ハナユメ割、プランナー、雰囲気、設備、アクセスの5段階評価と総合評価があるので、一目でその式場の評価がわかり便利です。

 

無料相談方法

 

ハナユメは、対面、オンライン、LINE、電話で無料相談を行っています。

 

相談カウンターは全国に12店舗。それほど多い店舗数ではないのですが、ハナユメ成約ユーザーの2人に1人が来店しているということで、人気の高さが伺えます。

 

お得な特典

 

ハナユメの強みは、結婚式費用は100万円以上お得になることもある「ハナユメ割」です。

 

条件は「半年前予約であること」。ホテルや旅館の直前割のように、通常よりギリギリに予約することで、大幅に割引が適応されます。

 

ハイレベルな表参道の結婚式場を利用したいけど費用的に厳しい…という方は、ハナユメ割をチェックしてみるといいですね。

 

また、ハナユメ経由で結婚式場を決定、フェア参加、式場見学などの条件をクリアすると、電子マネーギフトがもらえるキャンペーンも随時実施されています。
(一例として、50,000円分の電子マネーギフトがプレゼントされていました)

 

ハナユメ割もあるのに、さらに特典がつくのは太っ腹ですね。

 

ウェディングフェア特典

 

ハナユメ経由でウェディングフェア参加すると、電子マネーギフトがもらえるキャンペーンも随時実施されています。

 

キャンペーン内容は随時更新されているので目安にはなりますが、過去の特典内容をご紹介しましょう。

 

ウェディングフェア1式場見学で16,000円、2式場見学で31,000円分の電子マネーギフトがもらえるキャンペーンが実施されていました。

 

参加するだけでこれだけの特典がつくのは驚きですね。

 

利用するメリット、デメリット

 

ハナユメの最大のメリットは、大幅に結婚式費用がお得になるハナユメ割ですね。

 

費用をギリギリまで抑えたい方は、ハナユメをチェックしてみてください。

 

また、数は少ないですが、相談カウンターが充実しているところもハナユメのメリットと言えます。

 

結婚式場探しはもちろん、費用や結婚式の進め方の相談など、あらゆる角度から丁寧に親身になってサポートしてくれると評判です。

 

何から初めていいかわからない…という方でも、安心して式場探しを始められるでしょう。

 

デメリットは、掲載件数の少なさと、全国対応ではないことですね。

 

ただし、数が少ない分、厳選された式場だけが掲載されているので、関東、東海、関西、九州で効率よく人気の式場を探したい場合は使いやすでしょう。

 

ハナユメがおすすめな人

 

このようなハナユメの情報を踏まえて、ハナユメがおすすめな人は以下になります。

  • 関東、東海、関西、九州の式場を利用したい人
  • 厳選された情報で効率よく式場探しをしたい人
  • 写真やイメージを重視して式場探しをしたい人
  • 半年以内に結婚式を挙げる人
  • できるだけ結婚式費用をおさえたい人

このような方はハナユメを利用するメリットがあります。

 

逆に、全国の式場から選びたい人、できるだけ多くの情報を得たい人には物足りなさがあるでしょう。

 

マイナビウェディング

マイナビウェディング
(画像出典:マイナビウェディング)

 

>>>マイナビウエディングはこちら

 

マイナビウェディングが就職や転職の株式会社マイナビが提供するウエディング情報サイトです。

 

2012年のサービス開始時には、関東エリア、国内リゾート中心でしたが、今は日本全国、さらに海外挙式も手掛ける大手情報サイトとなっています。

 

結婚式場掲載件数

 

式場掲載件数は1,450件。もともと関東エリア限定だった経緯もあり、ゼクシィと比べると全国的にはやや掲載数が少ないです。

 

北海道から九州の式場まで網羅していますが、九州地方は福岡県のみ、東北地方は宮城県のみとなっています。

 

しかし、関東エリアはゼクシィの掲載件数と同レベル、表参道エリアはほぼ同じ件数なので、東京、表参道での式場選びには問題ないでしょう。

 

結婚式場情報ページの使いやすさ

 

マイナビウェディングは、ただ情報をチェックするだけでなく、シミュレーションできる使いやすさがあります。

 

式場紹介ページには、費用をシミュレーションできるコンテンツがあるのですが、これがとても便利。

 

招待人数を入力するだけで、見積金額から想定ご祝儀額を引いて、自己負担額を出してくれるのです。

 

先輩カップルは実際にこの会場でどれくらいの費用になったのかという気になる情報もわかるので、とても役に立ちます。

 

さらに、ウエディングフォト診断など、楽しく、効率よく検索することができるところが、マイナビウェディンの魅力です。

 

現実的な情報が得られるところが嬉しいですね。

 

ただし、マイナビウェディングは口コミ件数が少ないという難点があります。口コミ投稿がない式場もあります。

 

実際にしたカップルの生の声を聞きたい方には、物足りなさがあるでしょう。

 

無料相談方法

 

マイナビウェディングは、対面、オンライン、LINE、電話で無料相談を行っています。

 

相談カウンターは全国に22店舗。プロのコンシェルジュがサポートしてくれるので、式場探しの悩みをどんどん聞くことができるでしょう。

 

お得な特典

 

マイナビウェディングの一番の魅力とも言えるのが、お得な特典が充実していることです。

 

マイナビウェディング経由でウエディングフェアに参加するだけでギフト券がもらえるキャンペーンが随時実施されています。

 

一例として、最大40,000円分のギフト券がプレゼントされていました。

 

さらに、マイナビウェディング経由で指輪を購入するとのギフト券がもらえるキャンペーンも随時実施されているのですが、これがかなりお得な内容となっています。
(一例として、最大100,000円分のギフト券がプレゼントされている時もありました)

 

金額は流動的なので、目安にはなってしまいますが、随時かなりお得なキャンペーンが実施されていいます。

 

お得な特典を重視したいなら、マイナビウェディングで決まりでしょう。

 

ウェディングフェア特典

 

マイナビウェディング経由でウェディングフェアに参加すると、ギフト券がプレゼントされるキャンペーンが随時実施されています。

 

過去の一例をご紹介すると、フェアに参加するだけで、10,000年、フェアに参加して成約まですると最大40,000円分のギフト券がプレゼントされていました。

 

金額は随時変更されているので目安にはなりますが、ウェディングフェアを利用して、さらに成約した場合は、かなりお得になりますね。

 

利用するメリット、デメリット

 

マイナビウエディング最大の魅力は、他にはない特典の充実さにあります。

 

他の大手情報サイトと比べても群を抜くお得さです。

 

また、Tポイントが溜まるというメリットがあます。

 

一例として、マイナビウエディング経由で結婚式を実施すると、Tポイント最大25,000ポイントがプレゼントされたことがありました。

 

Tポイントを溜めている方には嬉しいサービスですね。

 

「楽しく」「効率良く」「現実的に」検索できるバランスよく充実した情報サイトとなっています。

 

デメリットは、掲載件数がやや少ないことです。関東エリア以外ではゼクシィのような網羅性はありません。

 

また、口コミ件数が少ないというデメリットもあります。

 

マイナビウェディングがおすすめな人

 

このような情報を踏まえて、マイナビウェディングがおすすめな人は以下になります。

  • 検索しやすい情報サイトを探している人
  • お得な特典がある情報サイトを探している人
  • 関東エリアの式場情報を網羅したい人
  • 楽しく式場探しをしたい人

このような方はマイナビウェディングがおすすめです。

 

ただし、口コミを重視して式場探しをしたい人には、物足りなさがあるかもしれません。

 

トキハナ

着る服がない症候群を抜け出す4つの方法
(画像出典:トキハナ)

 

>>>トキハナはこちら

 

トキハナは、これまで大手結婚式場で3万組もの結婚式をプロデュースしてきた株式会社リクシィが、2020年5月にスタートした結婚式場情報サイトです。

 

コンセプトは、「花嫁の不安をトキハナツ式場探し」。不透明になりがちな結婚式費用をわかりやすい提示するなど、ユーザーファーストにこだわったサービスが充実しています。

 

結婚式場掲載件数

 

式場掲載件数は約400件。ゼクシィウェディングの25,000件と比べるとかなり少ない印象を受けますね。

 

しかし、トキハナの強みは厳選した式場だけを掲載していること。

 

ウェディング業界を熟知した元ウェディングプランナーが、プロ目線で厳しく選定した式場だけを掲載しているので、「件数は多いけど人気のない式場もたくさんある…」という心配がないんです。

 

件数は少ないのですが、全国エリアを網羅しているので「このエリアで選ぶならココがおすすめ」という式場が一目でわかります。

 

結婚式場情報ページの使いやすさ

 

2020年5月に始まったばかりの情報サイトということで、とても今っぽくおしゃれなページとなっています。

 

素敵なイメージ写真がとにかく多いので、楽しく検索することができるでしょう。

 

掲載件数も厳選されていて少ないので、1件ずつじっくり探したい方におすすめです。

 

さらにトキハナの使いやすさは、リアルな結婚費用を調べられることです。

 

それぞれの情報ページから「トキハナ割」で検索すると、実際にどれくらい割引で利用できるのか一目で知ることができるのでとても便利。

 

この割引率が非常に高いことに驚くのですが、トキハナは、式場と独自契約することで、各特典や割引が全て適応される最低価格を保障しているからなんです。

 

無料相談方法

 

トキハナ、対面、オンライン、LINEで無料相談を行っています。

 

相談カウンターは銀座に1店舗のみ。始まったばかりのサービスなので、これから拡大することを期待したいですね。

 

ただし、店舗は少ないですがLINE相談が非常に充実しているところが魅力です。

 

見学前の見積診断、式場見積の第三者チェック、WEBに掲載されていないリアルな式場情報を得ることもできます。

 

さらに、式場へのキャンセル連絡や交渉などのサポートのやりとりもLINEで行うので気軽に利用できて嬉しいですね。

 

お得な特典

 

トキハナは、それぞれの式場の最低価格を保障する「トキハナ割」を実施しています。

 

式場見学に行くと「今日契約していただければ最低価格でご案内できますよ」と交渉されることがありますよね。

 

トキハナはもともと最低価格が案内されているので、そのようなやりとりが不要になります。

 

式場見学で即決を急かされると間違った判断をしそうで不安になりますよね。でも、即決うしなかったら損をしそう…とも思ってしまいます。

 

トキハナならそのような心配がないのが有難いです。

 

また、トキハナ経由で式場予約をすると、式場の提携外のドレスも持ち込みOKという特典がつきます。通常は持ち込みNGの式場も、トキハナなら無料でOK。

 

ドレスを自由に選びたい人に嬉しい特典ですね。

 

ウェディングフェア特典

 

トキハナ経由で式場を予約すると、ドレス料金が割引になる割引特典も実施しています。
(一例として最大50%オフになっていたこともあります)

 

利用するメリット、デメリット

 

トキハナは、それぞれの式場の最低価格で利用することができて、リアルな見積もりを事前に知ることができるメリットがあります。

 

式場で見積を出してもらっても、最終的に100万円以上高くなることが多々あります。

 

「一応見積はもらったけど最終的にいくらになるんだろう…」と心配することがないので安心ですね。

 

さらに、厳選された式場だけが掲載されているので、式場選びがスムースというメリットもあります。

 

ドレス持ち込みOKなので、ドレスにこだわりたい方にも満足できるでしょう。

 

デメリットは、まだ始まったばかりの情報サイトということもあり、口コミがほとんどないことです。

 

数件のお客様インタビュー映像はありますが、それぞれ式場の口コミ情報などはありません。

 

始まったばかりのサービスなので仕方ないことですが、ちょっと残念ですね。

 

トキハナがおすすめな人

 

このような情報を踏まえて、トキハナがおすすめな人は以下になります。

  • 結婚費用に不安がある人
  • 膨大な数の式場から選ぶのが面倒な人
  • LINEで気軽にやりとりしたい人
  • 好きなドレスを持ち込みたい人
  • 口コミより写真などのビジュアルを重視したい人

このような方がトキハナを利用するメリットがあるでしょう。

 

ただし、実績や口コミ情報を重視したい人は、2020年に始まったばかりのトキハナは向いていないかもしれませんね。

 

トキハナの利用方法

 

トキハナは、始まったばかりのサービスということで、まだまだ利用したことがない方も多いでしょう。

 

ここで、簡単な使い方をご説明しておきたいと思います。

 

式場を検索する

 

「結婚式場を探す」→「エリア、条件こだわり検索」で好きな式場を探していきます。

 

トキハナ割をチェックする

 

それぞれの式場紹介ページから「トキハナ割」を見ることができます。

 

「オフシーズン限定プラン120万円(40名様)」などの情報があり、どんなサービスが含まれてこの金額になっているのかチェックすることができます。

 

ウェディングフェアに参加する

 

納得できる金額のプランが見つかったら、そのまま「見学予約」ができる流れになっているのでとても便利です。

 

ウェディングフェアに参加すると、その場ではじめて見積りを出してもらうことになるので「こんなに高いなんて知らなかった…」ということがありますが、トキハナならウェディングフェアの前に金額がわかっているので、効率よくフェアに参加することができますね。

 

LINEで相談する

 

「トキハナ割」の中に納得できる金額がない場合は、LINEもっと詳細な見積を出してもらうことも可能です。

 

公式サイトの「LINE無料見積」をクリックするとQRコードが表示されますので、指示に従って進んでくださいね。

 

 

このような流れで、式場探し&ウェディングフェア参加を決めることができます。

 

迷ったら、無料でLINE相談ができるので、気軽できますね。

 

当サイトおすすめ!結婚式場紹介サイト4選まとめ

 

ここまで当サイトおすすめ4社を比較してきました。まとめると以下になります。

 

ゼクシィ ハナユメ マイナビウェディング トキハナ
式場掲載件数 約2,500件 約500件 約1,450件 約400件
情報ページの見やすさ

・文字も写真の量も多い
・雑誌と併用が便利
・口コミ情報が豊富

・写真がきれいで見やすい
・口コミ件数が多い
・総合評価がわかりやすい

・費用シミュレーションが便利

・おしゃれなビジュアル
・トキハナ割が一目でわかる

無料相談方法 相談カウンター、オンライン、LINE 相談カウンター、電話、オンライン、LINE 相談カウンター、電話、オンライン 相談カウンター、電話、オンライン、LINE
相談カウンターの数 62店舗 12店舗 22店舗 1店舗
お得な特典

・会場見学等参加で商品券
・挙式後に口コミ投稿でAmazonギフト券

・ハナユメ割
・式場決定で電子マネーギフト

・フェア参加でギフト券
・指輪購入で最大100,000円分のギフト券

・トキハナ割
・ドレス持ち込み無料
・ドレス料金最大50%OFF

ウェディングフェア特典 ウェディングフェア参加でギフト券プレゼント ウェディングフェア参加で電子マネーギフトプレゼント ウェディングフェア参加でギフト券プレゼント ゥェディングフェア参加でドレス代割引
メリット

・掲載数が多い
・雑誌と併用できる

・ハナユメ割がお得
・相談カウンターの評判がいい

・お得な特典が多い
・Tポイントが溜まる
・検索しやすい

・トキハナ割で最低価格が保障・厳選された式場のみ
・見積相談ができる
・ドレス持ち込みOK

デメリット

・情報が多すぎる
・特典がやや少なめ

・掲載件数が少ない
・全国対応ではない

・掲載件数がやや少なめ
・口コミ件数が少ない

・実績、口コミ情報がない
おすすめな人

・全国の式場を利用したい人
・たくさんの式場を比較したい人
・できるだけ多くの情報を得たい人
・雑誌を眺めながらじっくり式場探しをしたい人

・関東、東海、関西、九州の式場を利用したい人
・厳選された情報で効率よく式場探しをしたい人
・写真やイメージを重視して式場探しをしたい人
・半年以内に結婚式を挙げる人
・できるだけ結婚式費用をおさえたい人

・検索しやすい情報サイトを探している人
・お得な特典がある情報サイトを探している人
・関東エリアの式場情報を網羅したい人
・楽しく式場探しをしてい人

・膨大な数の式場から選ぶのが面倒な人
・LINEで気軽にやりとりしたい人
・好きなドレスを持ち込みたい人
・口コミより写真などのビジュアルを重視したい人

 

4社とも表参道で結婚式場を探したい方にメリットの多い情報サイトです。

 

大量の情報から選びたい、雑誌と一緒に楽しみながら選びたい方は、ゼクシィが向いているでしょう。

 

厳選された情報で効率よく選びたい、さらに半年以内に結婚式を挙げる予定ならハナユメが便利でお得です。

 

検索しやすい情報サイトを探している、お得な特典を探している方はマイナビウェディングがおすすめです。

 

そして、当サイトが4社の中で最もおすすめしたいのがトキハナです。

 

「花嫁の不安をトキハナツ式場探し」がコンセプトというだけあり、お客様ファーストの姿勢が徹底されています。

 

各式場の最低金額で利用することができて、不透明な金額設定などの不安も解消してくれるので「実際どれくらいの金額になるんだろう…」とハラハラドキドキすることがありません。

 

さらに、好きなドレスを持ち込むことができて、持込料金もかからないという特典も嬉しいですね。

 

はじめは「掲載数が少ないから物足りないかな」と思ったのですが、プロが厳選した結婚式場だけが掲載されているので、とても探しやすいんです。

 

外れの式場は徹底的に排除されている印象を受けますね。

 

もちろん全ての費用はかからず無料で利用できるので、新しい情報サイト、トキハナを試してみてはいかがでしょうか。

 

ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディング・トキハナなら式場探しがスムーズに!当サイト一押しはトキハナ

ゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディング・トキハナなら式場探しがスムーズに!当サイト一押しはトキハナ

 

>>>トキハナはこちら

 

結婚式場を上手く探すためには、結婚式紹介サイトの存在はとても大きいです。

 

探しやすいサイト、お得に利用できるサイトを利用すれば、式場探しはグンと楽になります。

 

今回は人気4社を様々な角度から比較してきました。

 

どの情報サイトも使いやすく、信頼できる情報が掲載されているのでおすすめです。

 

あなたにとってメリットが多いサイトを選んでくださいね。

 

その中でも当サイト一押しはトキハナ。「花嫁の不安をトキハナツ式場探し」のコンセプト通り、花嫁ファーストの姿勢が徹底されているので、不安なく式場探しができるでしょう。

 

ゼクシィやマイナビウェディングのような実績はありませんが、一度試してみて損はないでしょう。


【人気コンテンツ一覧】


ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ・トキハナ4社比較ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ・トキハナ4社比較

ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ・トキハナ4社比較ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ・トキハナ4社比較