ゼクシィ・マイナビウエディング・ハナユメ大手3社を徹底比較!

ゼクシィ・マイナビウエディング・ハナユメ大手3社を徹底比較!

理想の結婚式を実現させるためには「良い情報」を集めることがカギとなります。今はネットでたくさんの情報を得ることができますが、どんな情報サイトを使うかが問題ですよね。
ウエディングに関する情報を賢く得るためにはどの情報サイトを利用すれば良いのでしょうか。
ここでは、人気ウエディング情報サイトである「ゼクシィ」「マイナビウエディング」「ハナユメ」を徹底比較したいと思います。
果たして、表参道ウエディングに有利なのはどの情報サイトなのでしょうか。

 

 

結婚式場掲載数&相談カウンター数は?

結婚式場掲載数&相談カウンター数

ウエディング情報サイトを利用する一番の目的は情報を得るためです。
最も情報量が多いのはどこでしょうか。
さらにウエディング情報を提供してくれる実店舗である「相談カウンター」の店舗数も比較してみましょう。

 

 

結婚式場掲載数
  • ゼクシィは約2,500件

    47都道府県を網羅しています。

  • マイナビウエディングは約1,450件

    北海道から九州まで展開していますが、九州地方は福岡県のみ、東北地方は宮城県のみです。関東圏はゼクシィと同じレベルのエリアも。

  • ハナユメは約500件

    関東、関西、東海、九州が対象です。

 

ゼクシィの掲載数が圧倒的に多いですね。しかし表参道エリアは、ゼクシィもマイナビウエディングもほぼ同数。ハナユメだけはその約半分の数です。

 

 

相談カウンター
  • ゼクシィは62店舗
  • マイナビウエディングは21店舗
  • ハナユメは11店舗。

またゼクシィがダントツの店舗数ですね。
しかし質ではハナユメがリードしています。
オリコン日本顧客満足度ランキング「結婚式場相談カウンター」で二年連続第上位を獲得しているのです。カップルの理想に近い結婚式、費用に合わせた低予算ウエディングを提供してくれると高評価です。

 

 

お得な特典&割引サービスは?

お得な特典&割引サービス

ウエディング情報サイトを利用する2つ目の目的は「特典&割引」ではないでしょうか。それぞれのウエディング情報サイトを経由するだけでお得が満載です。

 

 

ウエディングフェアへの参加特典

ウエディングフェアに参加するなら、ウエディング情報サイトから予約するのが賢い方法です。3社とも同じような特典を用意しています。

 

ゼクシィ

最大40,000円分相当のギフト券がもらえます。
ウエディングフェア1会場参加で5,000円、2会場で30,000円、3会場で40,000円分相当のJCBギフト券をもらうことができます。

 

マイナビ

最大50,000円分相当の電子マネーがもらえます。
ウエディングフェア1会場参加で15,000円、2会場参加で30,000円分相当、3会場参加で40,000円分相当の電子マネーをもらうことができます。
さらに、マイナビウエディングサロンに来店し成約まですると、さらに10,000円分相当の
電子マネーがもらえます。

 

ハナユメ

最大40,000円分相当の電子マネーがもらえます。
ウエディングフェア1会場参加で15,000円、2会場参加で25,000円、3会場参加で35,000円分相当の電子マネーがもらえます。
さらにハナユメデスクにて予約した方、WEBにて予約し成約した方はさらに5,000円分相当の電子マネーがもらえます。

 

 

成約割引特典

ウエディング情報サイトがお得なのは、ブライダルフェア参加特典だけではありません。
ウエディング情報サイト経由で成約する際にも割引がつくことがあります。3社を比較してみましょう。

 

ゼクシィ

ゼクシィにはオリジナルの割引特典は今のところありません。

 

マイナビウエディング

マイナビウエディングには、挙式日3カ月前から適用される「直前オトクプラン」があります。
通常の価格よりも大幅割引になったり、特典がついたりします。

 

ハナユメ

ハナユメには挙式日6ヶ月前から適用される「ハナユメ割」があります。最大100万円以上割引になるお得なサービスです。

 

 

3社の特典&割引を比較してみたところ、ウエディングフェア参加特典はマイナビウエディング。
成約割引特典はハナユメが充実しています。
ハナユメの人気の理由はこの「ハナユメ割」にあります。
3カ月だとちょっとタイトスケジュールになりますが、6ヶ月前なら十分余裕を持って準備できるところも嬉しいですね。
半年前という条件さえクリアできるカップルであれば、ハナユメを利用したいですね。

 

 

情報サイトの使いやすさは?

情報サイトの使いやすさは

次の情報サイトの使いやすさを比較してみたいと思います。3社ともそれぞれ特徴があります。

 

ゼクシィ

ゼクシィはとにかく情報が多いのが特徴です。コンテンツも文字の量も写真の量も多いのです。たくさんの情報が見れて嬉しい方もいれば、にぎやかすぎて見にくいと感じる方もいるでしょう。
また、ゼクシィ雑誌と併用しながら利用できるところが魅力です。

 

マイナビウエディング

マイナビウエディングは、式場検索だけでなくオリジナル検索が使いやすいです。
式場ごとに費用シミュレーションができたり、ウエディングフォト診断などもあります。

 

ハナユメ

ハナユメのサイトを開くと、写真の量の多さに驚きます。文字の量は少なく、写真の数が多いです。しかもインスタのようなおしゃれ写真が多いので、楽しく検索することができるでしょう。
細かい説明を読むのではなく、直感的に自分好みの式場を見つけたい方におすすめです。

 

このように3社ともそれぞれの使いやすさがあので、好みによって違ってくるでしょう。

 

 

口コミの情報量は?

口コミの情報量

最後に比較したいのが口コミの情報量です。
先輩カップルからの口コミ情報はとても参考になります。

 

ゼクシィ

ゼクシィは口コミ情報に加えて、体験者レポートもあります。挙式や披露宴の写真と一緒にコメントが掲載されているので、とてもイメージが湧きやすいです。

 

マイナビウエディング

マイナビウエディングは口コミ件数が少ないです。口コミが1件もない式場もあります。

 

ハナユメ

ハナユメは口コミ量が非常に多いです。しかも、ハナユメ割、プランナー、雰囲気、設備、アクセスの5段階評価と総合評価があるので、パッと見ただけでその式場の評価がわかります。

 

口コミ情報については、マイナビウエディングは弱いですね。写真を見たい方はゼクシィたくさんの口コミをチェックしたい方はハナユメがおすすめですね。

 

 

結論!表参道ウエディングに有利なのはこれ!

ゼクシィ、マイナビウエディング、ハナユメについて、色々な角度から比較してきました。
それでは、表参道ウエディングをするにあたり有利なのはどの情報サイトなのでしょうか。

 

 

表参道ウエディングにおすすめなのは「ゼクシィ」!

表参道ウエディングにおすすめなのは「ゼクシィ」

表参道にはたくさんの式場があります。それらの式場の情報をより網羅しているのは、やはりゼクシィです。
それぞれの式場に関する情報も、写真、口コミなどバランス良く掲載されているので、ウエディング初心者の方にもピッタリです。
詳しいゼクシィの情報はこちらからチェックしてみてくださいね。

 

↓特典多数 詳細はこちらから↓

ゼクシィ

 

 

挙式日の半年前に表参道ウエディングを探すなら絶対「ハナユメ」!

挙式日の半年前に表参道ウエディングを探すなら絶対「ハナユメ」

表参道ウエディングの費用は全国平均より高めです。金額的に難しいと諦めてしまう方も多いでしょう。
そんな憧れの表参道ウエディングを叶えてくれるのがハナユメの「ハナユメ割」です。
ハナユメ割の条件は挙式日の半年前から成約することです。
ちょっと準備期間は短くなりますがそれでもOKというカップルであればハナユメが最強です。
少人数ウエディングであれば、半年あれば十分準備できます。表参道で少人数ウエディングを検討している方にもハナユメ割がおすすめです。
詳しいハナユメの情報はこちらからチェックしてみてください。

 

↓特典多数 詳細はこちらから↓

hanayumeボタン

 

 

3件以上のウエディンフェアに参加するならマイナビウエディング

3件以上のウエディンフェアに参加するならマイナビウエディング

表参道には魅力的なウエディングフェアがたくさん開催されています。まだどの式場で成約するかわからないけれど、とりあえず多くのウエディングフェアに行ってみたいというカップルにおすすめなのがマイナビウエディングです。
ウエディング情報サイトを利用する方の多くは、ウエディングフェア参加特典が目的です。
ウエディングフェアに参加するだけで、他の2社よりも10,000円もお得になるのでおすすめです。
マイナビウエディングの詳しい情報はこちらからチェックしてみてください。

 

↓お得なフェアはこちらから↓

マイナビ

 

 

 

 

今回は数あるウエディング情報サイトの中でも定番の3社、ゼクシィ、マイナビウエディング、ハナユメを比較してきました。3社とも表参道ウエディングにピッタリの情報サイトです。上手く使い分けてみてください。

 

【人気コンテンツ一覧】


ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ3社比較ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ3社比較

ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ3社比較ゼクシィ・マイナビ・ハナユメ3社比較