結婚式のご祝儀制と会費制のメリット・デメリットは?

祝儀制と会費制

結婚式と言えばご祝儀とイメージする方もいるほど、結婚式とご祝儀は密接な関係にあります。結婚式に招待されると、まずどれくらいご祝儀を包むべきか考えます。
ところが今、ご祝儀制ではなく会費制会の結婚式が徐々に増えてきているのです。これからの新しいスタイルになるかもしれません。
ここでは、ご祝儀制と会費制会について考えてみたいと思います。

 

 

祝儀制の結婚式について

祝儀制の結婚式について

結婚式のご祝儀制は、日本で昔からあるスタイルです。
新郎新婦へのお祝いの気持ちを表したものです。3万円という相場がありますが、あくまでもゲストが希望する金額なので、相場よりも高くても低くても良いのです。
ご祝儀袋にお金を入れて受付で渡すのがルールです。

 

ご祝儀制の結婚式のメリットは?

昔から定番であるご祝儀制にはやはり多くのメリットがあります。

 

メリット

ゲストに満足してもらえる

一般的な結婚式のご祝儀は3万円が相場とされています。一人3万円もいただけると、十分なおもてなしをすることができます。
豪華なコース料理、ドリンク、引き出物などの手土産もしっかり準備することができます。
「こんな豪華な料理が食べられて嬉しかった」と言ってもらえるととても嬉しいです。
結婚式の楽しみは引き出物という年配ゲストも多いです。
ゲストに豪華な結婚式を満喫してもらえるというのが大きなメリットです。

 

メリット

結婚式の出費が回収できる

ご祝儀制のメリットは結婚式の費用をある程度回収できることです。予想以上のご祝儀をいただくこともあるので、最終的にプラスになることもあります。

 

 

ご祝儀制の結婚式のデメリットは?

次にご祝儀制のデメリットも見ていきましょう。

 

デメリット

ゲストの負担が大きくなる

豪華な結婚式を楽しんでもらえるご祝儀制ですが、その分ゲストの金銭的負担が大きくなります。
また、相場は決まっていても「本当にこの金額で良いのかしら…」とゲストを悩ませてしまうという難点もあります。

 

デメリット

予算が立てにくい

ご祝儀制の場合には、最終的に結婚式にかかった費用よりもご祝儀合計の方がプラスになることもあります。でも逆に予想よりも下回ることもあります。
事前にいただく金額がわからないので、予算を組みにくいというデメリットがあります。

 

 

会費制会の結婚式について

会費制会

結婚式の会費制会は、近年増えつつあるスタイルです。
会場、料理にかかる金額に応じて、新郎新婦が会費の金額を設定するのです。ゲストは決められた金額を払うことになります。
ご祝儀袋は不要となり、受付で現金を支払うようになります。
金額は5千円〜2万円と幅があります。カジュアルな内容にしたい場合は5千円〜1万円、フォーマルにしたい場合には1万円〜2万円が相場となります。
いずれにしてもご祝儀よりも低い設定になっているので、「これだけで良いのかしら?」と思い、会費の他にご祝儀を渡したり、プレゼントを用意する方もいます。しかし、基本的に会費以外のものは必要ありません。

 

 

会費制会の結婚式のメリットは?

会費制会の結婚式が増えてきている理由は以下のようなメリットがあるからです。

 

メリット

ゲストの負担が少ない

一般的な結婚式の相場は3万円なのに対し、会費制結婚式は5千円〜2万円です。ゲストの金銭的負担を大幅に少なくすることができるのです。これが一番のメリットであり、会費制結婚式が増えてきている理由です。
どれくらい包めばよいのか迷うご祝儀に対し、会費制会であれば金額を迷うことはありません。ゲストは言われた金額を払うだけなので、気を遣うことがありません。

 

メリット

たくさんのゲストに来てもらえる

たくさんの友人に結婚式を祝ってほしいと思っていても、ご祝儀3万円をもらうことを考えると、だれでも気軽にも招待することはできません。
会費制会ならそれほど負担をかけずに来てもらうことができるので、多くの友人を招待することができるでしょう。
自分たちがどうしても来てほしいと思っている人にこそ、たくさん集まってほしいです。

 

メリット

カジュアルな結婚式ができる

豪華な披露宴に憧れる方もいますが、逆に豪華で形式的な披露宴に抵抗を感じる方もいるでしょう。
会費制会の結婚式はフォーマルよりもカジュアルなものになります。自由に楽しみたい、アットホームな結婚式にしたい方には、自分たちらしい結婚式ができるでしょう。

 

メリット

予算が立てやすい

会費制のメリットは、新郎新婦側が金額を決めるので、予算が立てやすいことです。会費を1万円に設定したら、どのような会場、どのような料理が可能か、などとプランを考えることができます。効率良く準備ができます。

 

 

会費制会の結婚式のデメリットは?

メリットが多い会費制会ですが、やはりデメリットもあるのです。

 

デメリット

おもてなしに欠けることがある

会費制結婚式の魅力は、カジュアルなウェディングできることです。しかしこのカジュアルさが「チープさ」と思われてしまうこともあるのです。
会費制のメリットは新郎新婦側もゲスト側も費用を抑えられることにあります。しかしその分、ご祝儀制よりも、会場や料理の豪華さはなくなります。またご祝儀制では当たり前とされている引き出物もありません。
これに対して物足りなさを感じるゲストがいる可能性はあるでしょう。
お金をかけることだけがおもてなしではありません。豪華な料理や引き出物がなくても、手作りプレゼントやメッセージを用意するなど、心のこもったおもてなしをするのも大切です。

 

デメリット

ご両親から不評なことが多い

会費制会の結婚式は若い方たちにとってはとても魅力的なスタイルと言えます。
ところが、ご両親や年配の方々には不評です。
「わざわざ来てもらったのに引き出物もないなんて…」「結婚式はビュッフェスタイルではなくコース料理であるべき」などと否定的な考えの方が多いです。
新郎新婦だけでなく、両家のご両親にも納得してもらった上で最終決定するようにしたいです。

 

 

ここまで、ご祝儀制と会費制会のメリット・デメリットを見てきました。
ご祝儀制は、ゲストに豪華な結婚式を楽しんでもらうことができますが、ゲストの負担が大きくなるというデメリットがあります。会費制会には、ご祝儀制のような豪華さはないかもしれませんが、本当に結婚をお祝いしてほしいゲストに囲まれて思い出に残る結婚式ができるでしょう。自分たちにはどちらのスタイルが合っているか、よく検討してみてください。

 

【人気コンテンツ一覧】


結婚式のご祝儀制と会費制のメリット・デメリットは?結婚式のご祝儀制と会費制のメリット・デメリットは?

結婚式のご祝儀制と会費制のメリット・デメリットは?結婚式のご祝儀制と会費制のメリット・デメリットは?