パーティ ウェディングの1.5次会と2次会の違いって?概要スタイルをご紹介

1.5次会と2次会

 

移り変わる時代の中で、ウェディングのカタチもどんどん変わってきています。ご両親の世代の結婚式の常識とは違う新しいウェディングスタイルが誕生しているのです。
その中でも最近よく耳にするのが「1.5次会」という言葉。1.5次会に最適なレストランや、1.5次会におすすめのドレスなど、1.5次会に注目が集まっています。
みなさんは1.5次会について詳しく説明することができますか?まだいまいち1.5次会がわからないという方のために、1.5次会の基本情報をご紹介したいと思います。

 

 

1.5次会はどんな方におすすめ?

1.5次会は以下のような方におすすめのウェディングスタイルです。

  • リゾート挙式後、友人たちとウェディングパーティをしたい
  • 挙式は家族だけでしたけれど、友人たちにも結婚報告したい
  • 費用を抑えたい
  • 披露宴は恥ずかしい
  • みんなで盛り上がれるパーティがしたい

 

 

1.5次会ってどんなもの?

1.5次会ってどんなもの

1.5次会を一言で表すと、結婚披露宴と二次会の間のものです。
結婚披露宴よりカジュアルで費用がかかりません。そして二次会よりフォーマルで費用がかかります。
「披露宴の大げさな雰囲気は苦手」「二次会よりはきっちりとしたパーティにしたい」という方にマッチするスタイルなのです。


 

どんなスタイルで行うの?

1.5次会をするスタイルは様々です。

  • リゾート挙式+1.5次会

    海外などでリゾート挙式をした後に、地元に戻ってきてから親しい友人たちと一緒に1.5次会をして結婚を報告するスタイル。このような1.5次会が最も多いですね。

  •  

  • 挙式+1.5次会教会や神社で挙式を行った後に、披露宴ではなく1.5次会をするスタイルも増えています。
  •  

  • 挙式+食事会+1.5次会家族だけで挙式と食事会を行い、その後に友人たちと1.5次会をするカップルもいます。
  •  

  • 入籍+1.5次会結婚式はしない予定で入籍したけれど、やはりみんなに報告&お祝いしてほしいということで1.5次会を開くカップルもいます。

 

このように、1.5次会には決まったスタイルがないので、自分たちの希望に合わせて取り入れることができるのです。非常に便利なウェディングスタイルと言えます。

 

どんな会場で行うの?

どんな会場で行うの

1.5次会の会場はどこでもOK。特に決まりはありません。
ホテルや結婚式場のパーティ会場、ゲストハウスやレストランでも行われます。ルールに縛られることなく、自分たちに合った雰囲気の会場を選ぶことができます。


 

どんな内容で行うの?

どんな内容で行うの

挙式や披露宴にはある程度の流れがありますが、1.5次会は基本的に自由です。
プログラムをしっかり決めて披露宴に近いスタイルにすることも、二次会に近い自由な内容にすることもできます。
また1.5次会の中に挙式を入れるケースもあります。
人前式のスタイルで簡単な挙式を行うことができるのです。
自分たちの希望や都合に合わせて自由な内容にできるのが魅力です。

 

ゲストの会費は?

ゲストの会費

1.5次会は、内容などを見ると結婚披露宴と似ています。ところが大きな違いは「会費制」ということ。
結婚披露宴に招待されたゲストは「ご祝儀」、二次会に招待されたゲストは「会費」を渡します。
1.5次会はご祝儀制でも会費制でもどちらでも良いという特徴があります。
ご祝儀制にすると新郎新婦の負担が軽減されるというメリットがありますが、逆にゲストに負担をかけてしまいます。
1.5次会であっても、ほとんどのゲストが披露宴と同様の金額を包みます。披露宴の相場である3万円を包む方が多いです。
会費制は新郎新婦の負担は増える場合がありますが、ゲストの負担を減らすことができます。明確な金額を言われたほうが、ゲストは迷うことがなくて助かります。
会費制の場合には1万円〜2万円です。1万5千円に設定することが多いです。
多くのカップルは祝儀制ではなく会費制にしています。

 

料理は?

料理は

結婚披露宴はコース料理がほとんどです。
1.5次会は披露宴のような本格コース料理とカジュアルなビュッフェスタイルに分かれます。
コース料理は金額が一気に高くなるので新郎新婦の自己負担が大きくなります。ビュッフェスタイルなら金額をおさえることができるのです。
金額と、ゲストの好みを考慮して決めたいです。

 

 

1.5次会のメリットとデメリット?

自分たちだけの自由なスタイルが可能な1.5次会ですが、どんなメリットとデメリットがあるのかまとめてみましょう。

 

 

メリット

メリット

披露宴、二次会ではなく1.5次会が喜ばれているのは以下のようなメリットがあるからです。

 

  • 自由な内容にできる

    披露宴のようなフォーマルな内容にしたり、二次会のようなアットホームな内容したり、自由な内容にすることができます。形式的なウェディングにしたくないカップルにはぴったりです。

  •  

  • 費用がおさえられる

    披露宴は豪華さがありますが、その分会場費や料理などの費用が高めになります。会費制の1.5次会なら工夫しだいで費用をおさえることが可能です。

  •  

  • ゲストを呼びやすい披露宴のご祝儀は3万円が相場です。結構な金額になってしまうため、誰でも気軽に招待することはできませんよね。1.5次会なら1万円〜2万円の会費制となるので比較的ゲストに声をかけやすいというメリットがあります。新郎新婦にもゲストにも負担が少ないのが嬉しいですね。

 

 

デメリット

デメリット

次にデメリットを考えてみましょう。
1.5次会は新しいスタイルのウェディングとして注目されていますが、知らない方も多いです。そのため、ゲストに誤解されることもあるのです。これがデメリットと言えるでしょう。
披露宴と同じように思っているゲストも多く、その場合にはビュッフェスタイルの料理などは物足りないと感じるかもしれません。
二次会のように思っているゲストの場合には、1万5千円の会費は高すぎると思うかもしれません。
また年配のゲストの方は、会費制、ビュッフェ、引き出物なし、などのスタイルには抵抗があるかもしれません。
事前に1.5次会についてしっかり伝えておく必要があります。

 

ここまで、1.5次会についてご説明してきました。披露宴のフォーマルさと二次会のカジュアルさのある新しいスタイルです。会場も内容も自分たちで自由にプランニングできるので、可能性は無限大です。ただ、あまり認知されていないため誤解を招いてしまうこともあるので、ゲストにしっかり説明をしておくと良いでしょう。

 

【人気コンテンツ一覧】


1.5次会と2次会の違い1.5次会と2次会の違い

1.5次会と2次会の違い1.5次会と2次会の違い