ウェディングの種類は違う!ホテル・教会・ゲストハウス・ガーデンが魅力!

結婚式をしようと思ったら、まず会場を決めなければいけません。
ところが日本のウェディングは本当に種類がたくさん!伝統を重んじながら、海外スタイルも積極的に取り入れている日本には、実に多くの結婚式のカタチがあるのです。
たくさんの選択肢があるのは嬉しいのですが、「何をどう選んだら良いかわからない…」というカップルは多いはず。
ここでは、ウェディングの種類をわかりやすく解説しながら、人気のウェディングスタイルをご紹介します。

 

 

ウェディングの種類ってどんなものがあるの?

ウェディングの種類

結婚式と聞いて思い描くのはどんなものでしょうか。
「バージンロード」「白無垢姿の花嫁」「リゾート風ウェディング」など、色々なイメージがあると思います。でも、どの種類のウェディングがどういうものなのかはイメージしにくいですよね。
ウェディングの種類を考える時には、まず「挙式スタイル」と「結婚式会場」を別にして考えるとわかりやすくなります。

 

 

4つの挙式スタイル

まずは挙式のスタイルについて見ていきましょう。
挙式スタイルは宗教に基づく「教会式」「神前式」「仏前式」、宗教に関わらない「人前式」の4つがあります。

 

 

教会式

教会式

教会式は、キリスト教に基づいた挙式スタイルです。
キリスト教の教会で行う挙式が「教会式」です。
ホテルや結婚式場のチャペルで行う挙式は「キリスト教式」と呼ばれます。
教会で行う挙式は、基本的には信者が対象となるのですが、信者ではない人でも事前に礼拝などに出席することで可能な場合もあります。
バージンロードや誓いの言葉など、神聖でロマンティックな雰囲気が魅力です。

 

 

神前式

教会式

神前式は、日本古来の神道に基づいた挙式スタイルです。
神社で行うことが多いですが、ホテルや結婚式場でも神前式の挙式ができるところもあります。
神前式と言えば白無垢ですよね。厳かな和の雰囲気を演出することができます。

 

 

仏前式

教会式

仏前式は、仏教に基づいた挙式スタイルです。二人が出会った縁に感謝すると同時に、来世までの縁を誓います。最近は少なくなっていますが、日本の伝統的な挙式です。
お寺で行うだけでなく、自宅の仏壇の前で行うこともあります。一部のホテルや結婚式場でも仏前式の挙式ができるところもあります。
一般的に仏前式は親戚だけで行うので小規模な挙式となりますが、ご先祖様に感謝し祝福を受けることで、感慨深い挙式になるでしょう。

 

 

人前式

教会式

人前式は、宗教とかかわらない挙式スタイルのことです。神様や仏様ではなく、参列者に結婚の証人になってもらうのです。宗教的な決まりがないので、自由な挙式内容にすることができます。
宗教にこだわりたくない、自由な式にしたい方に人気のスタイルとなっています。


 

 

7つの結婚式会場

7つの結婚式会場

挙式スタイルは宗教によって4つのスタイルがあることがおわかりいただけたと思います。次にそれぞれの挙式を行うための会場について考えてみましょう。
結婚式会場は以下の7つに分けることができます。

  • ホテル
  • 教会
  • ゲストハウス
  • ガーデン
  • 神社、お寺
  • 専門式場
  • レストラン

教会は「教会式」、神社は「神前式」、お寺は「仏前式」を執り行います。
ホテル、専門式場、レストラン、ゲストハウス、ガーデンは、基本的に「キリスト教式」「神前式」「神前式」を執り行うことができます。

 

この7つの会場の中で、多くのカップルに選ばれているのが「ホテル」「教会」「ゲストハウス」「ガーデン」です。
4つの会場の魅力をご紹介していきましょう。

 

 

ホテル

ホテル

ホテルウェディングとは、基本的にホテル内のチャペルで挙式をして、ホテル内のレストランで披露宴をするスタイルのウェディングです。

 

キリスト教式だけでなく神前式に対応してくれるホテルも増えています。
新郎新婦やゲストがそのまま宿泊するケースも多いです。

 

ホテルウェディングの魅力は?
ホテルウェディングには非常に多くのメリットがあります。

  • 1つ目は安心感があるところ。

    接客のプロであるホテルスタッフがサポートする結婚式なので、新郎新婦はもちろん、ゲストに対しても万全のおもてなしをしてくれます。

  • チャペル、披露宴会場、衣裳部屋などの設備が揃っているのもホテルの安心なところです。さらに、アクセスが良く、もちろん宿泊施設も万全なので、遠方からのゲストにも対応できます。
  • 2つ目のメリットは、格式の高さです。

    伝統的な老舗ホテルや人気の有名ホテルで結婚式をすることは、年配の方にも大いに支持されるでしょう。「間違いない」結婚式ができることが魅力です。

  • 3つ目のメリットは、料理です。

    一流ホテルであれば料理も一流。最高の料理が特別な日を盛り上げてくれます。ゲストも「○○ホテルの料理を食べられた」と喜んでくれるでしょう。

 

 

教会

教会

ホテルや結婚式場のチャペルではなく、キリスト教の教会で挙式をするのが「教会式」です。
キリスト教では結婚は「通過儀礼」の礼拝とされています。教会で儀式として執り行われる結婚式は、他にはない神聖さがあります。
「キリスト教信者じゃなくても教会で結婚式ができるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。
キリスト教信者でなくても、教会で結婚式ができる場合とできない場合があります。
それはキリスト教の宗派が関係しています。
ローマ教皇を中心とする「カトリック教会」の場合には、新郎新婦のどちらかがカトリック信者であることが結婚式を執り行う条件となります。
中世の宗教改革から分かれてできた「プロテスタント教会」の場合には、信者でなくても教会で結婚式を執り行うことができるのです。ただ、事前に礼拝や勉強会に参加して教会から認められることが必要となります。

 

教会ウェディングの魅力は?
教会にはホテルは結婚式場のような設備やサービスはありません。普段から信者が礼拝を行う場所であり、結婚式だけの施設ではないからです。
しかしながら、本物の教会にはチャペルにはない神聖さがあります。本物の美しさと厳かな雰囲気の中で忘れられない結婚式ができるでしょう。
チャペルよりも費用が抑えられるというメリットもあります。

 

 

ゲストハウス

ゲストハウス

2000年以降、人気が高まっているのがゲストハウスウェディングです。
ヨーロッパの邸宅風な一軒家を丸ごと貸し切って結婚式を行うのです。郊外にあることが多く、英国の邸宅風、リゾート風など様々なスタイルのゲストハウスがあります。
まるで自分の別荘にゲストを招いて結婚式を行っているような、セレブ気分をたっぷり味わうことができるのです。

 

ゲストハウスウェディングの魅力は?
ゲストハウスウェディングの魅力はプライベート空間にあります。
ホテルや結婚式場の場合、1日に複数の結婚式が行われることが多いので、別の新婦と遭遇することもあります。ゲストハウスウェディングなら、完全貸し切りなので別の新婦やゲストと顔を合わせる心配がありません。
さらに広い会場を活かした自由な演出ができるのもゲストハウスならでは。自分たちだけのオリジナルの結婚式が叶うのです。

 

 

ガーデン

ガーデン

ガーデンウェディングとは、屋外で挙式や披露宴を行うことです。アメリカやヨーロッパのウェディングは、このガーデンウェディングが主流ですね。海外風なウェディングにしたい方に人気のスタイルとなっています。
ホテルや結婚式場の中庭や屋上、ゲストハウスの庭など様々な会場で行われています。
ガーデンウェディングで気になるのはお天気ですよね。ほとんどの会場の場合、雨天時は施設内のパーティー会場で行われることになります。また、雨の日でも対応できるように開閉式の屋根がついている会場もあります。

 

ガーデンウェディングの魅力は?
ガーデンウェディングの魅力は何と言っても解放感です。自然に囲まれた庭園や、太陽の光は、新郎新婦もゲストも解放感な気持ちにさせてくれます。
堅苦しい結婚式ではなく、新郎新婦とゲストが自然体で楽しむことができます。
また、自然光の中で写真が撮れるところもガーデンウェディングの大きな魅力です。真っ白いウェディングドレスと自然の美しさが、より素敵な写真を残してくれるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。ウェディングの種類について理解が深まってきたでしょうか。
ウェディングの種類を考える時には、まず「どんな挙式にするか」、次に「どんな会場にするか」を考えると良いでしょう。
会場の中で根強い人気があるのが「ホテル」「教会」。近年人気が高まっているのが「ゲストハウス」「ガーデン」です。それぞれの挙式、会場の魅力を理解した上で選びたいです。

 

【人気コンテンツ一覧】


ウェディングの種類は違う!ホテル・教会・ゲストハウス・ガーデンが魅力!ウェディングの種類は違う!ホテル・教会・ゲストハウス・ガーデンが魅力!

ウェディングの種類は違う!ホテル・教会・ゲストハウス・ガーデンが魅力!ウェディングの種類は違う!ホテル・教会・ゲストハウス・ガーデンが魅力!