ウェディングやブライダル・マリッジ・って何が違うの?

ウェディングやブライダル・マリッジ・って何が違うの?

 

表参道のサロンには、新婦のためのエステコースがとても充実しています。結婚式までに理想のボディを導いてくれるのです。
みなさんはこのような新婦専門のエステを「ウェディングエステ」と言いますか?それとも「ブライダルエステ」と言いますか?
「ブライダルのエステ」のほうが主流ですが、サロンによっては「ウェディングエステ」と紹介しているのです。どちらが正しいのでしょうか。
結婚は、「ウェディング」「ブライダル」「マリッジ」という3つの言葉で表現されます。
ここでは、この3つの言葉の違いについて考えてみたいと思います。

 

 

ウェディング(Wedding)の語源は?

ウェディング

結婚と言えば「ウェディング(Wedding)」が一番に思い浮かびますよね。
「ウェディング」の語源である「Wed」は、「抵当」「約束」などの意味があります。古代ヨーロッパでは結婚の時に保証金などを払う習慣があり、結婚はお金が絡んだ契約だったのでしょう。ロマンチックな結婚のイメージとは違いますね。

 

 

ウェディング(Wedding)の実際の意味は?

ウェディングの実際の意味は、ズバリ「結婚全般」です。「結婚式」「結婚すると」などを意味します。だから、結婚式に関わるものにはウェディングが多く使われているのですね。
他の単語を繋げることが多いのも特徴です。
「Wedding anniversary(結婚記念日)」「Wedding plan(結婚式の計画)」などがあります。

 

 

ウェディング(Wedding)の使い方は?

「ウェディング」は結婚式そのものを意味するので、結婚式に使うものは「ウェディング〇〇」と表現します。
「ウェディングケーキ」「ウェディングドレス」が有名ですね。
また挙式のことを「ウェディング・セレモニー」、披露宴のことを「ウェディング・レセプション」と言います。
結婚式に向けてというニュアンスではなく、結婚式当日に関わるものに使うのがポイントです。

 

それでは、「ウェディングエステ」という表現はどうなのでしょうか。
「結婚のためのエステ」ということで間違いではありません。でも結婚式へ向けて準備するものなので、ピッタリした表現ではないでしょう。

 

 

ブライダル(Bridal)の語源は?

ブライダル

「ブライダル(Bridal)」は「Bride」が語源となっています。「Bride」は新婦を意味します。
「ジューンブライド」は「6月の花嫁」という意味ですよね。花嫁の付添人としてお手伝いをする女性たちは「ブライズメイド」と呼ばれます。

 

ブライダル(Bridal)の実際の意味は?

ブライダルの実際の意味は、「花嫁の」「新婦の」
結婚式を意味する言葉でもありますが、基本的には新婦に関わる言葉にブライダルが使われているのです。

 

 

ブライダル(Bridal)の使い方は?

結婚式前に新婦が行うメイクやヘアメイクは「ブライダルメイク」「ブライダルヘアメイク」と呼ばれます。やはり新婦に関係するものは「ブライダル」が使われているのです。
ポイントは「新婦のみに係わること」だと覚えておきましょう。
新婦専門のエステが「ブライダルエステ」であることも納得できました。「ウェディングエステ」より「ブライダルエステ」が正しいと言えます。

 

また、ブライダルが使われる言葉として「ブライダルフェア」を思い浮かべる方は多いでしょう。これは新婦も新郎も行くものなので、ブライダルが使われる必要はないように思います。
実は海外では新郎は「ブライダルフェア」には行きません。海外では結婚式は新婦(と母親)がするもの。結婚式の費用も基本的には全て新婦が出すんです。日本とはだいぶ違います。
だから、もちろん新郎が「ブライダルフェア」に行くことはないのです。
このような海外の常識から考えると「ブライダルフェア」は納得です。

 

 

マリッジ(Marriage)の語源は?

マリッジ

マリッジはもともとフランス語の「マリアージュ(Mariage)」からできた英語です。
「マリアージュ(Mariage)」とは「結婚・婚姻」の意味の他に「飲み物と料理の組み合わせが良いこと」という意味があるのです。
ワインに詳しい方なら聞いたことがあるかもしれません。
ワインと料理の相性が良い時に「このワインとこの料理は良いマリアージュだ」という言い方をするのです。

 

マリッジ(Marriage)の実際の意味は?

マリッジも実際の意味は「婚姻」「夫婦関係」です。
「マリッジ」の語源である「マリアージュ」には「2つのものを合わせる」という意味があり、新郎と新婦が一緒になるという「婚姻」「夫婦関係」の意味に繋がるわけです。
「結婚」の意味もあるのですが、結婚式というよりも、二人が一緒になるというニュアンスが強いのです。
だから「ウェディングケーキ」「ウェディングドレス」と言うけれど「マリッジケーキ」「マリッジドレス」とは言わないのです。

 

 

マリッジ(Marriage)の使い方は?

マリッジの使い方として有名なのは「マリッジリング」ですね。結婚指輪のことです。婚姻した証のための指輪ということです。
ちなみに婚約指輪は「エンゲージリング」です。「エンゲージ」は「婚約する」という意味になります。
婚約指輪を「ウェディングリング」と呼んでいるお店もありますが、主流なのは「マリッジリング」と覚えておきましょう。
また、「マリッジブルー」という言葉もよく聞きますね。これは婚姻に対して不安になること、と理解することができます。
「結婚式がうまくいくか不安…」「結婚式の準備が大変…」などは「マリッジブルー」とは言わないのです。

 

 

ウェディング・ブライダル・マリッジを使いこなそう!

ウェディング・ブライダル・マリッジを使いこなそう

ウェディング・ブライダル・マリッジの微妙な違いについておわかりいただけたと思います。
この3つの言葉の使い方には、絶対的なルールがあるわけではないのですが、間違ったニュアンスになってしまうことは避けたいです。
この違いをマスターすれば、ウェルカムボードや招待状などのペーパーアイテムに使う英文もバッチリでしょう。
ここで、簡単な例文をご紹介したいと思います。

  • Welcome to our Wedding

    (私たちの結婚式へようこそ)

  • Welcome to our Wedding Reception

    (私たちの結婚披露宴へようこそ)

  • Welcome to our Wedding party

    (私たちの結婚披露宴へようこそ)

どれもウェルカムボードにぴったりの英文です。
結婚披露宴は「Wedding reception(ウェディング・レセプション)」と「Wedding Party(ウェディング・パーティ)」と表現されることがあります。
ネイティブ的には、「Party」はカジュアルな集まりに使う言葉なので披露宴には向いていないという事情があります。しかし、日本人だけの結婚披露宴の時は「Wedding reception(ウェディング・レセプション)」でも「Wedding Party(ウェディング・パーティ)」でも問題はないでしょう。
アットホームな結婚披露宴の時には、「Wedding Party(ウェディング・パーティ)」がピッタリです。

  • Just Marriage.

    (新婚ほやほや)

アメリカ映画などで挙式後に乗る車に書かれている言葉です。
婚姻したばかりということを表しているのですね。短くわかりやすいので、おすすめの英文です。
定番の使い方はガーランドです。前撮りで使うのも素敵ですね。

 

ここでは、混乱しやすい「ウェディング」「ブライダル」「マリッジ」の3つの言葉についてご説明してきました。
ざっくり言うと、「ウェディング」は結婚全般、「ブライダル」は新婦に関わること、「マリッジ」は婚姻を意味します。
3つとも結婚を意味する言葉ではありますが、微妙に違いがあるのです。この違いのルールを覚えておくと、色々なシーンで役立てることができるでしょう。

 

【人気コンテンツ一覧】


ウェディングやブライダル・マリッジ・って何が違うの?ウェディングやブライダル・マリッジ・って何が違うの?

ウェディングやブライダル・マリッジ・って何が違うの?ウェディングやブライダル・マリッジ・って何が違うの?